TOPICS

TOPICS

  • 令和元年10月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第193号「令和元年最低賃金額の改定について」を発行しました。
  • 令和元年9月15日公益財団法人産業雇用安定センター発行「かけはし10月号 第三十三巻第十号・通巻三八九号で"教科書に載っていない人事のトラブル解決法 第6回 今、取り入れるべき教育の視点"」を代表社員山本法史が執筆しました。
  • 令和元年9月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第192号「働き方改革の問題点」を発行しました。
  • 令和元年8月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第191号「私傷病により業務に支障をし生じている社員の医療機関の受診命令が出せるか」を発行しました。
  • 令和元年8月15日公益財団法人産業雇用安定センター発行「かけはし9月号 第三十三巻第九号・通巻三八八号で"教科書に載っていない人事のトラブル解決法 第5回 離職率を下げるための教育方法"」を代表社員山本法史が執筆しました。
  • 令和元年7月25日神奈川県全域、東京多摩地域の地域情報紙 タウンニュース 八王子版」に掲載されました。
  • 令和元年7月15日公益財団法人産業雇用安定センター発行「かけはし8月号 第三十三巻第八号・通巻三八七号で"教科書に載っていない人事のトラブル解決法 第4回 非公式的コミュニケーションの重要性"」を代表社員山本法史が執筆しました。
  • 令和元年7月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第190号「働き方改革を進めるにあたって最低限知っておきたい休日に関する知識」を発行しました。
  • 令和元年6月15日公益財団法人産業雇用安定センター発行「かけはし7月号 第三十三巻第七号・通巻三八六号で"教科書に載っていない人事のトラブル解決法 第3回 組織を知ることでどんな人材が必要かがわかる"」を代表社員山本法史が執筆しました。
  • 令和元年6月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第189号「最低賃金額を引き上げると労働者が幸せになるという誤解の解説」を発行しました。
  • 令和元年5月15日公益財団法人産業雇用安定センター発行「かけはし6月号 第三十三巻第六号・通巻三八五号で"教科書に載っていない人事のトラブル解決法 第2回 組織を知り、伝えることで離職率を下げる"」を代表社員山本法史が執筆しました。
  • 令和元年5月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第188号「企業の体力をつけることが人手不足解消の道筋」を発行しました。
  • 令和元年5月14日帝国データバンク発行「週刊帝国ニュース東京多摩版№1151. 2019.5.14号で
    連載記事 ”知っておきたい人事の知識第91回「残業規制に向けて「残業時間」と「法定休日労働」を整理することで対策を考える”」を代表社員山本法史が執筆しました。
  • 平成31年4月15日公益財団法人産業雇用安定センター発行「かけはし5月号 第三十三巻第五号・通巻三八四号で"教科書に載っていない人事のトラブル解決法 第1回 社員の定着率を高めるには「ローカルルール」の教育がポイント"」を代表社員山本法史が執筆しました。
  • 平成31年4月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第187号「年次有給休暇の取得義務と我が国の休暇政策」を発行しました。
  • 平成31年3月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第186号「懲戒解雇の注意点」を発行しました。
  • 平成31年2月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第185号「1.5を乗じた60時間を超える残業手当の中小企業の特例について」を発行しました。
  • 平成31年1月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第184号「10連休の労務管理上の注意点」を発行しました。
  • 平成30年12月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第183号「何故ちょっと叱っただけでパワハラと言われてしまうのか」を発行しました。
  • 平成30年11月15日メールマガジン人事のブレーン社会保険労務士レポート第182号「改正労働安全衛生法における「産業医の役割強化」について」を発行しました。